ほんわかする癒しの言葉・写真・動画 心温まる話・名言を載せています。  あなたの心を優しく包みます。    ほんわか村、村民募集中!!


by nanasan1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

愛の詩 「三つのマッチを一つ一つ擦る夜のなか」☆

ジャック・プレヴェールの愛の詩「三つのマッチを一つ一つ擦る夜のなか」を紹介します。:愛の歌, ラブポエム, 恋愛, 恋愛心理


c0075492_235869.gif



a0293798_21373638.jpg


はじめは君の顔を一度きり見るため 

つぎのは君の目を見るため

最後のは君の唇を見るため

残りの暗闇は今の全てを思い出すため、君を抱きしめながら

 
(by ジャック・プレヴェール)



a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の愛の詩記事

a0293798_20481639.gif




a0293798_22433011.jpg


ジャック・プレヴェール(Jacques Prévert、1900年2月4日 - 1977年4月11日)は、フランスの民衆詩人、映画作家、童話作家。シャンソン『枯葉』の詞や、映画『天井桟敷の人々』のシナリオを書いた。

その生涯

パリの西隣ヌイイ=シュル=セーヌに生まれた。父はブルターニュ系のアンドレ、母はオーヴェルニュ系のシュザンヌであった。15歳から、パリの商店や百貨店で働いた。

1920年(20歳)、徴兵先のリュネヴィルで、のちの画家イヴ・タンギーを知り、さらに翌年、駐留先のコンスタンティノープルで、後の編集者マスセル・デュアメル(Marcel Duhamel)を知った。1922年、パリに戻り、映写技師の弟ピエールが勤める映画館に、3人で入り浸った。1924年から3人はモンパルナスで共同生活を始め、1925年からそこへ、アンドレ・ブルトン、ルイ・アラゴン、フィリップ・スーポー、ロベール・デスノス、ミシェル・レリス、レーモン・クノーら、シュルレアリストが出入りして、一ときプレヴェールも同調したが、1928年、疎隔して絶縁し、タンギーやデュアメルらと映画制作に打ち込み、かたわら、詩を雑誌に載せ始めた。

1932年(32歳)、ポール・グリモー、クロード・オータン=ララ、ジャン=ルイ・バローらのアジプロ劇団『10月グループ』(Groupe Octobre)に、脚本『新聞ばんざい』(Vive la Presse)、『フォントノワの戦い』(La Bataille de Fontenoy)を書き、後者はモスクワの左翼演劇コンクールの一等賞を取った。

『10月グループ』が解散した1936年から1945年にわたって、約20の映画のシナリオ、台詞を書き、マルセル・カルネ、ジャン・ルノワール、ジャン・グレミヨンらの監督、ジャン・ギャバン、アルレティ、ミシェル・モルガンらの俳優と仕事をした。

撮影所仲間の作曲家ジョゼフ・コズマが、1935年の『美しい星へ』(À la belle étoile)以降、プレヴェールの詩によるシャンソンを50曲も作り、イヴ・モンタン、エディット・ピアフ、ジュリエット・グレコ、マルセル・ムールジ(Marcel Mouloudji)らが歌った。

1940年からのナチスによる被占領期は、南仏に疎開した。

1946年(43歳)、奨められて最初の単行本『パロール』(Paroles)を出版した。書き溜めた自由詩・散文詩・メモなどの寄せ集めであったが、待たれていて売れ、のちのちまで数百版を重ねたと言われる。同じ年、妻ジャニーヌとの間に一女を得て、童話を書くようになり、写真家のイーラ(Ylla)、画家のエルザ・アンリケ(Elsa Henriquez)、アンドレ・フランソワ(André François)、ジャックリーヌ・デュエーム(Jacqueline Duhême)らと、子供の本を作った。

1948年、転落事故を起こしたが、その後も詩集や童話を出版した。生涯にわたり彼の詩は、分かり易い言葉で綴られた。そしてさらに、画家のパブロ・ピカソ、マルク・シャガール、マックス・エルンスト、ジョルジュ・ブラック、ジョアン・ミロ、写真家のイジス(Izis)らと美術書を編んだ。

1977年(77歳)、マンシュ県オモンヴィーユ=ラ=プチット(Omonville-la-Petite)の家で、肺ガンのために死去した。没後に、二篇の詩集が出版された。(wikipedia)



a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の愛の詩記事

[PR]
by nanasan1029 | 2012-09-22 22:00 | 愛の詩