ほんわかする癒しの言葉・写真・動画 心温まる話・名言を載せています。  あなたの心を優しく包みます。    ほんわか村、村民募集中!!


by nanasan1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:目標設定( 3 )

目標設定方法:あなたの目標が現実的なものあれば、それは達成できない可能性があります。すぐに、もっと非現実的な目標に変えましょう!【キーワード】:目標設定, 目標設定の書き方, 目標設定方法, 目標設定理論


c0075492_235869.gif

a0293798_204417100.jpg

あなたは目標を立てるときにそれが「現実的」であるかどうかを前提にして考えてしまっていませんか?目標を達成したければ、「現実的」かどうかについて考えるのは当然ですが、そのことが目標の達成を阻んでいるかもしれないのです。実は「非現実的」な目標ほど達成しやすいのですよ!


a0028694_9205259.gif現実的な目標を作っていませんか?

あなたはこの人生でどんな目標を持っていますか?

「会社を立ち上げて、その会社を上場させる!」
「今勤めている会社で、社長になる!」
「マイホームを持つ!」
「本を出版する!」
「ハワイに移住する!」

いろいろな目標があるでしょう。ところで、その目標はどれだけ現実的でしょうか?

もしあなたの目標が現実的なものあれば、それは達成できない可能性があります。「達成できる可能性」ではありませんよ。「達成できない可能性」があるんです。

すぐに、もっと非現実的な目標に変えましょう!え? それって逆じゃないですか?」と思う人がいるかもしれません。でも、これ、本当なのです。


a0028694_9205259.gif大胆な目標は周りの人を引きつける

ある人が、水の汚染が原因の伝染病によって多くの子供が死んでいくアフリカの村に、汚染されていない安全な水を届けたいと考えました。

次の二つの目標のうち、どちらか実現しやすいと思いますか?

1) 3年以内にケニアの少なくとも25の村に新しい井戸を掘って安全な水を届ける
2) 10年以内にアフリカの少なくとも1万の村で安全な水を飲めるようにする


明らかに1)の目標のほうが現実的ですが、実は2)のほうが実現しやすいというのです。

「大きく考えれば、目標はおのずと実現する。大胆な目標は大胆な人々を引きつけるからだ」

こう語るのは、途上国の子供に教育の機会を与えるために活動するNPO「ルーム・トゥ・リード」を1997年に立ち上げたジョン・ウッド氏。(著書『マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった』矢羽野薫訳 ランダムハウス講談社より)

彼の立ち上げたルーム・トゥ・リードは、2020年までになんと1000万人の子供に生涯の教育機会を届けるという大胆な目標を宣言しました。そして、設立から8年足らずの間に、英語の児童書140万冊を寄贈し、学校287校、図書館3540ヶ所、コンピュータ教室・語学教室117ヶ所を建設、2336人の女子児童に長期の奨学金を提供しています。

さて、あなたの目標はどれだけ大胆で、大きいですか? どれだけ人々の心を引きつけ、協力を得られる目標でしょうか?


a0028694_9205259.gifとてつもない目標があなたの力を引き出す

また、週に4時間だけ働くという起業家、ティモシー・フェリス氏も、その著書・『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか』(田中じゅん訳 青志社)で、次のように語っています。

「現実的なことよりも非現実的なことの方がやりやすい」

その理由は「とてつもなく大きな目標を持てば、どんな目標にも付いて回る苦境や困難を乗り越えようとしてアドレナリンがでてくる」から。

著書の中で彼はこんな問いかけをしています。

「ギリシア半島でいかだ下りをするという目標のために乗り越えられる困難も、週末に近場に旅行するという目標なら乗り越えられないのでは?」

さて、あなたの目標はどれだけ、あなたのアドレナリンを出し、ワクワクさせてくれるものでしょうか?


a0028694_9205259.gif目標を大胆でワクワクさせるためには?

コーチングにおいても、相手がその可能性を最大限に発揮し、さらに成長するために、このように大胆でワクワクするような目標を立てることが必要不可欠です。

しかし実際には、コーチングにおいても「現実的」な目標が決められることが多いようです。その理由の一つが、「SMART(スマート)」の名で知られている目標設定の基準の存在です。

この「SMART」は目標設定のポイントの頭文字をつなげたものです。

S:Specific(具体的である)
M:Measurable(測定可能である
A:Achievable(達成可能である)
R:Realistic(現実的である)もしくはReasonable(理にかなった)
T:Time(期日がある)



目標設定の基準として「達成可能」とか「現実的」「理にかなった」といった基準が入っているわけですから、実際のコーチングで設定される目標が「現実的」な目標になってしまうのも無理がありません。

そこで、コーチングの流派の一つであるコーアクティブ・コーチング(TM)では、従来の「SMART」ではなく、ワクワクと刺激的で、そしてハラハラ・ドキドキしてしまうほど挑戦的な目標を立てるための新たな「SMART」を作っています。

それでは、新たなコーアクティブ・コーチング(TM)流の「SMART」(目標設定)をご紹介しましょう!


a0028694_9205259.gif進捗を確認してくれる人がいますか?

「S」と「M」は従来の「SMART」どおりです。

S=Specific/具体的で明確であること

具体的で明確な目標であればあるほど、人はありありとビジョンを描くことができます。たとえば、「どこか知らない街に住みたい」という曖昧な目標ではなく、「シチリア島の海沿いの街に住みたい」というように具体的に表現します。

M=Measurable/測定可能であること

達成期限などの数値目標を設けることで、目標が達成されたかどうかが初めてわかります。たとえば、「2008年1月までに3000万円でシチリア島の海沿いの街に家を買う」と目標を決める、具体的ですし、測定可能になります。


さて、次の「A」はコーチングっぽい要素と言えるでしょう。

A=Accountable/確認可能であること

これは自分の進捗状況を確認してくれる存在がいることです。そういった存在がいるということは、目標を忘れないための大きな仕組みになります。たとえば、「シチリア島に家を買う」という目標を家族や友人に話して共有しておくことです。

さて、残る「R」「T」があなたの力を引き出すための大きなポイントになります。


a0028694_9205259.gif目標は価値観に沿っていますか?

まずは「R」から紹介しましょう。

R=Resonant/エネルギーが動いていること

ここでいう「エネルギーが動く」というのがピンとこない人もいると思うので、体験的に説明しましょう。

まず、目を閉じてみて下さい。そしてこれまでの人生を振り返って、人生最高の瞬間を思い出してください。とっても感動したり、うれしかったりした瞬間です。思い出したら、もっとも印象に残っているシーンを思い浮かべ、その体験の中にどっぷり浸かってみてください。

さて、どうでしょう? 何か身体が熱くなったり、楽になったり、軽くなったりしませんでしたか? このように自分の中で何かが動いたような状態を、「エネルギーが動く」といいます。

そして、コーアクティブ・コーチングでは、その「エネルギーが動く」奥にはその人の大切にしている価値観があると考えています。その価値観を尊重すればするほど、エネルギーが動いて、力が引き出されてくるのです。

つまり、目標はその人の価値観に沿っている必要があるのです。たとえ大胆な目標を立てたとしても、その人の価値観に触れていなければ、エネルギーは動かず、力は出てきません。目標に対して、自分のエネルギーが動くのか? 自分の価値観に沿っているのか?をチェックすることはとても大事なポイントです。


a0028694_9205259.gif目標はあなたの成長を促しますか?

最後に紹介するのが「T」です。これこそがまさに「非現実的」な目標にするサポートとなっています。

T=Thrilling/ハラハラ・ドキドキと興奮するようなものであること

単なる今の自分の延長にある目標ではいけません。この目標を達成するためには、否が応でも新しい能力・パワー・心を開いて、新たな自分に生まれ変わるんだと思えるものでなければなりません。

これまでの自分の枠を超えるような目標です。そして、単に無茶な目標でよければいいという訳ではなく、自らのビジョンにつながり、価値観に沿ったものであることが必要です。そうすれば、目標を設定することによって、とんでもない大きな力を注ぎだすことが可能になるのです。

さていかがでしょう? ぜひ、あなた自身の目標を、このコーアクティブ・コーチング流の「SMART」の基準で見直して見てください。そして、目標と自らが互いに力を引き出すような好循環のサイクルを回していきましょう。

目標を達成することは大事ですが、それが主ではありません。あくまでも主は人であり、その人が成長することです。目標に押しつぶされるのではなく、目標をうまく使いこなして成長していきましょう!


(source:all about)


a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の目標設定記事



【Tags】:#目標設定, #目標設定の書き方, #目標設定方法, #目標設定理論
[PR]
by nanasan1029 | 2012-10-04 20:46 | 目標設定
ビジネス:高い目標設定と低い目標設定、どちらを選びますか?ジョン・スチュアート・ミルは「満足した豚よりも不満足な人間、満足した愚か者よりも不満足なソクラテスであるべきだ」と…【キーワード】:目標設定, 目標設定の書き方, 目標設定方法, 目標設定理論


c0075492_235869.gif

a0293798_2020171.jpg

山は、登る者にさまざまな楽しみを与えてくれる。たとえ山頂まで登りきらずとも、途中途中で十分に自然を満喫させてくれる。今、Aさんは5合目まで登ってきた。そこには視界の開けた場所があり、ふもとの村も見渡せる。心地よい風も通る。Aさんは木陰に腰を下ろし、「ここまでの景色でもう満足」と弁当を広げはじめた。満腹になったAさんはもう下山のことしか頭にない。

一方、Bさんは高い位置に登れば登るほど視点が変わって、もっと景色を楽しめることを知っている。だから5合目で休憩をとった後、登山を続ける。しばらく上がっていく間に、急に天候が悪化してきた。霧が周囲を覆い、景色などさっぱり見えなくなった。Bさんにとってその山は初めてだったので、6合目まで来たのか、7合目まできたのか感覚的にもさっぱり分からなかった。雨も降り出し、やむなく下山することに。

ふもとの村に下りると、Aさんが温泉につかり、すっかりくつろいでいた。「いやあ、こんな天気になってしまい残念でしたねえ」……まったく悪気なく声を掛けてくるAさんに、Bさんは「いやー、お天道さまばっかりは恨むわけにもいきませんから……」と答えるのが精一杯だった。

……さて、ここでは「幸福感」ということを考えたいのだが、冒頭の話において、果たしてAさんの方が幸福なのだろうか、それともBさんの方が幸福なのだろうか?

つまり、Aさんは5合目までを望み、5合目の景色を楽しんだ。だから、Aさんの望みの満たされ度は10割だ。一方、Bさんは頂上(10合目)を望み、5合目以上の景色は楽しめなかった。その意味では、満たされ度5割である。そのうえ悪天候でズブ濡れになって体力は消耗するわ、危険にもさらされるわ、というネガティブなおまけ付き。

単純に、望みがどれだけ満たされたかという指数で見る限り、「満たされ度10割のAさんはより幸福であり、満たされ度5割のBさんはより幸福でない」と言える。

もちろん、もし、この日ずっと天候が良かったなら、Bさんは頂上まで登り、満たされ度10割となって、Aさんより幸福になれたかもしれない。しかし、それはあくまで「タラ・レバ」の話。登山は常に、一歩一歩上ろうとするたびに、体力消費と諸々のリスクが増えることを覚悟しなければならない。


a0028694_9205259.gifいっそ頑張らない方がシアワセなのか?

この問題は言ってみれば、「low aimer」(=低い目標設定者)と「high aimer」(=高い目標設定者)のどちらが幸福なのか、そしてまた、あなたはどちらの生き方を選ぶか、という問いとなる。

この問いは、J・S・ミルが投げかけたあの有名な言葉「満足した豚よりも不満足な人間、満足した愚か者よりも不満足なソクラテスであるべきだ」を思い出させる。

私たちは組織で働いていると、しばしば次のような法則を目にする。それは、「仕事ができる人ほど仕事は集中する」ということ。仕事ができてしまう人は、仕事量の増加とともに、目標も常に上へ上へと移動している。だから、常に目標と現実の自分とのレベルギャップにプレッシャーやストレスが付いて回る。そしてカラダを壊すことも時に起こる。

自分が“仕事ができる組”に入ってしまうと、「仕事をしかられないレベルでやり過ごし、無難に雇われ続けている人間はいいなあ」と思えてくる。いっそ自分に能力とか、向上意欲とか、責任感とか、野心とかがなく、“仕事をそこそこやり過ごし組”になれたらなあ、むしろシアワセなのになあと思う。不満足な「high aimer」は、満足した「low aimer」を見て、そのように時々うらやましくなる。

その一方、満足した「low aimer」は、不満足な「high aimer」を見て、何をあんなにしゃかりきに頑張ってばかりいるんだろう、といった不思議な面持ちで彼らを眺める。余談だが、あの働き者生物の代名詞であるアリの世界にも、「怠けアリ」というのがいて、集団の何割かは働かないアリが占めるそうだ。

さて、幸福感は実に多面的で語ることが難しいのだが、ここで私の考えたことを5つにまとめたい。


a0028694_9205259.gif1.リスクを負った努力は中長期できちんと報われる

人生は1回限りの勝負ではない。長い間の勝負の連続である。プロ野球なら1試合は9イニングあり、年間では144試合ある。相撲なら1場所15番あり、年間では6場所ある。人生やキャリアは、もっともっと長く多くの勝負の積み重なりで形成されてゆく。

Bさんはその日たまたま頂上に行けなかった(=負けた)。確かにその1回の勝負は負けだったかもしれない。しかし、多分Bさんは翌日か、次の機会かもしれないが、その山の頂上に必ず立つだろう。Bさんはそうやって自分なりに勝ちを積み重ねる人だ。そういう“心の習慣”を持った人は、中長期的にきちんと幸福を得る。どういった幸福かといえば、自らの成長を楽しみ、多少の障害などにへこたれない強い心身を持つ、という幸福だ。

「high aimer」というのは、high aimであるがゆえに不満足に陥るのが宿命である。しかし、「高いところに矢印を向けている」その心の習慣こそが、最終的には人生の高台に自らを導くことになる(と私は信じたい)。


a0028694_9205259.gif2.意味が満たされていれば幸福である

Aさんの満たされ度は10割。Bさんの満たされ度は5割、だからAさんのほうが相対的に幸福ではないか、先ほどはそう考えた。しかし、この「満たされ度」は、目標に対し何合目までが達成されたかという物理的な尺度である。

だがここで尺度を変えて、意味的な満たされ度を考えるとどうだろう。Bさんは登山に対し、登頂を目指すことに一番の意味を感じている。だから、それを決行した。たまたま悪天候で途中下山したが悔いはない。自分の見出した意味に対して10割の行動をとったBさんは、決して不幸ではないし、不機嫌になる必要もないのだ。

……さはさりとて、現実問題、人間というものは目に見えるもので満たされないと、ついつい幸福感が縮んでしまう悲しい性(さが)を負っている。ふもとに下り、リスクを負わなかった人間(=Aさん)がゆったりと温泉につかっている姿を見たBさんが、不機嫌になったのも無理はない。


a0028694_9205259.gif3.知足者富(足るを知る者は富んでいる)

さて今度は、栗拾いに行ったPさんとQさんの話をしよう。2人は1時間ほど山の中にいて栗拾いをし、Pさんは20個ほど採れたのでこれで十分だと思い、山から引き上げてきた。一方、Qさんは、タダなんだからもっともっとということで、さらに1時間拾い回り、結局50個集めてきた。「日が暮れなきゃ、もっと採れたのに」と悔しそうだ。

さて、この話において、Pさんは「low aimer」の満足で、Qさんは「high aimer」の不満足ということになるだろうか?

……いや違う。これは言ってみれば、 「modest wanter」(控えめな欲求者)の満足と「more wanter」(「もっともっと」の欲求者)の不満足 ととらえたほうがよさそうだ(なお、“aimer”や“wanter”はここだけの造語で正式な英単語ではない)。そう、2人の「欲求の容れ物」の違いの話だ。

「modest wanter」が持つのは、ceramic pot(陶器)である。手で持てる大きさでしっかりとできていて、ときに器に満たしたものを他人に注いで分けてやることもできる。

一方、「more wanter」が持つのは、balloon bag(ゴム風船の袋)である。詰めても詰めてもどんどんふくらんでいくので満ちることを知らない。また、ところどころにすぐ穴が開いて中身が漏れ出すので、いつもそのことを神経質に見ていなくてはならない。

「high aimer」の不満足、これは一種、健全なものだ。では、「more wanter」の不満足、これは「欲張り」という一種の悪癖といっていいかもしれない。

そこで例題、「今の年収400万円じゃやってられないよ。20代のうちに2000万円稼ぐ仕事に就いてみせる!」という人間がいたら、彼(彼女)は「high aimer」の不満足なのだろうか?それとも「more wanter」の不満足なのだろうか?


a0028694_9205259.gif4.「low aimer」とは誰のことだ!?

冒頭の山登りの例では、一応、Aさんを「low aimer」、Bさんを「high aimer」とした。だが、このとき私たちは、「5合目までで満足」としたAさんを意気地のない「low aimer」として揶揄(やゆ)できるだろうか?

high/lowは相対的なものである。Bさんが「high aimer」であるのは、あくまでAさんとの比較においてである。では、エベレスト級の山にチャレンジする登山家から比べれば、Bさんはどうなのだろう。そうなればBさんだって「low aimer」なのだ。職場で向上意欲をもって頑張っている人でも、壮絶な人生の戦いをした歴史上の偉人から比べれば、やはり「low aimer」なのだ。

だから、私たちはAさんを一概に揶揄できないし、見下してもいけない。それどころか、Aさんは5合目からの帰り道で、道端に咲く一輪の花をじっと深く見ていたかもしれないのだ。山の喜びは、何も登頂だけにあるとは限らない。むしろ登頂ばかりを目指して、足元にある自然からの感動をすっ飛ばしているなら、それこそBさんは不幸人である。


a0028694_9205259.gif5.楽観主義でいこう!(能天気ではなく)

で、本記事の結論。Aさんがいいとか、Bさんがいいとか、そんな小難しいことを考えず能天気にいこう! 能天気人はいつもの世も幸福だ。

……そう言いたいところだが、1つ訂正したほうが良いと思う。それは「能天気」を「楽観主義」に変えること。能天気と楽観主義とでは含んでいる意味がまったく違う。フランスの哲学者アランが「楽観は意志に属する」と言った通り、楽観主義には物事をプラス思考で期待的に見ていきながら、どこかに「最終的にはこうするぞ」という意志がある。そのおおらかな意志があるからこそ、どんな状況でも強くいられる。

ところが、能天気というものは、意志のない気楽さである。根拠のない安逸といってもよい。だから最終的には自分に無責任な態度である。周囲の人に迷惑をかけることもしばしば起こる。

「どんなに豊饒で肥沃な土地でも、遊ばせておくとそこにいろんな種類の無益な雑草が繁茂する。精神は何か自分を束縛するものに没頭させられないと、あっちこっちと、茫漠たる想像の野原にだらしなく迷ってしまう。確固たる目的をもたない精神は自分を失う」(モンテーニュ『エセー』)

能天気はその場は明るくやり過ごせるかもしれないが、モンテーニュの言う通り、確固たる目的(=意志)を持たないがゆえに、最終的にはだらしなく野原をさまよい、そして自分を失うことにつながりかねない。だから能天気ではなく、楽観主義がいいのだ。

楽観主義には意志がある。その意志は、aim(目標)を生む。そのaimはhighでもlowでもなく、自分なりのaimだ。その意志は、そのaimに意味を与える。その意志は、際限なくふくらむゴム風船にモノを詰め込む欲求ではなく、自分の想いを形にした器をこしらえようとする作陶意欲である。こしらえた器に満ちるものをほかに分けてあげることも、また意志のうちの1つである。

「自分は職業人として、どんな器を作り、あるいは自分自身がどんな器であり、どれだけのものを人に注いでいるか」、こんなことを考えてみると、ちょっとどきっとする。(by村山昇)

(source:bizmakoto)


a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の記事の目標設定記事




【Tags】:#目標設定, #目標設定の書き方, #目標設定方法, #目標設定理論
[PR]
by nanasan1029 | 2012-10-04 20:21 | 目標設定
目標を具体化する数字力の磨き方 ☆ ビジネスで成功するためには、目標を具体化することが必要となる。磨くべきは数字力。書くことで「思考のタネ」がつくられる…【キーワード】:ビジネス 成功.ビジネス 成功 秘訣, ビジネス 成功 失敗, ビジネスプラン 成功, 目標設定書き方, 人生目標

c0075492_235869.gif



a0293798_2318794.jpg


書くことで「思考のタネ」がつくられる! 畑村創造工学研究所代表の畑村洋太郎さん、経営コンサルタントの小宮一慶さんが明かす目標具現化への必須テクニックとは――。


a0028694_9205259.gif毎日欠かさず日記をつけることも、ふたりに共通する習慣だ。ただし、やり方は大きく異なっている。

小宮さんは、18年前から「3年連用日記」に英語で日記を書いている。「まもなく6冊目が終わります。仕事で英語を使わなくなったので、忘れないようにしようと……。それに語彙が少ない分、英語のほうがシンプルに書ける。書くパターンは決まっているし、それほど時間はかかりません。体重と血圧も一緒に記録しますが、その測定を含めて2、3分程度。寝る前に日記を書き、ブログを更新するのが日課です」。意図的に読み返すことはないが、3年連用なので、昨年や一昨年のものは自然に目に入る。その内容から「お世話になった人に電話をしよう」と思い立ったり、失敗を反省することもあるという。

畑村さんの場合は、30分かけて、じっくりと日記に取り組む。15年以上愛用しているのは、銀座の文具店、伊東屋の1週間の予定が見開きに収まるタイプの手帳だ。

まずは鉛筆で予定を書き入れ、1日の終わりにそれを消して、日記に書き換える。1日分は7行。細かい字で丁寧に書き込んでも230字程度しか入らない。その限られたスペースに、何時にどこに行き、誰と会い、どんな印象を持ったかを詳細に記録しているのだ。

略字なども駆使しているが、起床・就寝時間、天候、食事の内容と感想、犬の散歩のコースまで網羅されていることに驚く。この記述はすべて脳の記憶を引き出すためのキーワード。季節感や味覚など、記憶再生の糸口は人それぞれなので、自分に最適なものを見つけるまでには紆余曲折があったという。

「工夫のかいあって、これを読むだけで、その日の情景が、細部まで再現できるんです。人間の記憶は時系列なので、時間を書き込むことは必須です」
2年分を常に持ち歩き、折にふれて過去の記録を読み返している。活躍する機会は多く、「見学記」をまとめるときも、この日記が大いに役立つそうだ。

生活の中では、時間軸のほかに、量的にモノを見ることも重視している。「よく聞く『東京ドーム何杯分』という喩えはナンセンス。東京ドームの容積を知っている人はほとんどいませんからね。それよりも、歩幅(身長の約半分)など、自分なりの物差しを使って数を把握する訓練をしたほうがいい」と力を込める。


a0028694_9205259.gif数値で物事を把握することの重要性は小宮さんも指摘している。

ビジネスで成功するためには、目標を具体化することが必要となる。磨くべきは数字力。そこで自身が企画した「小宮一慶手帳」には、気になる数字を書き込んだり、経済指標を定点観測する欄を設けている。

自分の手帳には、国民健康保険の加入者数、家計の現預金残高(6月末に、初の800兆円超え)など、関心を持った数字を、その都度メモしている。
「仕事柄、僕はマクロ経済の数字に興味がありますが、読者の皆さんは、勤めている会社の売り上げなど、自分の仕事に関連する数字をきちんと把握することからはじめたほうがいい。医療関係者なら高齢化率とかね。そしてそれを定点観測して書き出す。この作業が大切なんですよ。ちょっとした努力の積み重ねが、5年、10年経つと大きな差になるんです」

千里の道も一歩から。今回紹介した達人のノート術も、「なるほど……」と“わかったつもり”になっただけでは意味がない。自分のものとして使いこなすためには、具体的な一歩を踏み出すことが肝心だ。キーワードを意識してメモを取るのもよし、日記をつけるのもよし。ただし「何のためにそれをするのか」という目的は、忘れずにいたいものである。
(excite news 2012.9.30)


a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の記事



【Tags】:#ビジネス 成功, #ビジネス 成功 秘訣, #ビジネス 成功 失敗, #ビジネスプラン 成功, #目標設定書き方, #目標設定方法, #人生目標
[PR]
by nanasan1029 | 2012-10-02 23:19 | 目標設定