ほんわかする癒しの言葉・写真・動画 心温まる話・名言を載せています。  あなたの心を優しく包みます。    ほんわか村、村民募集中!!


by nanasan1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:心温まるニュース・話( 6 )

【心温まる話】【世界中が感動した話】:愛犬を亡くした4才児が神様に「天国でお世話してあげてほしい」と手紙を出したら、 なんと神様のから返事が届いた…詳細は本文を☆【キーワード】:心温まる話, 感動する話, 心が温まる話 いい話, 心温まる言葉


c0075492_235869.gif


a0293798_13353837.jpg

a0293798_13343169.jpg


大好きな愛犬を亡くした4才の女の子がいた。彼女は大切な友達の死を受け止めきれず悲しみにくれていたそうだ。そして、天国へ手紙を出すと言い出した。それで娘の悲しみが少しでも和らぐのならと母親は手紙を書き、ポストに投函した。

話はここで終わるはずだった。しかし、思いがけないことに神様から返事がきたのだ。このことは両親にとっても全く意外だったとのこと。一体誰が書いてくれたのだろう。このニュースがシェアされると、“神様” からの愛のあふれる文面は世界中を感動させた。

2006年8月。当時4歳だったメレディス・クレアちゃんは、愛犬アビーを病気で亡くし辛い思いをしていた。アビーはメレディスちゃんが生まれる10年も前からクレア家の家族だった。まさに兄弟同然で育ったのである。

アビーが亡くなった当日、彼女はずっと泣き続けていた。両親がどう慰めても全く効果はない。だが、2日目なって、彼女は天国の神様あてに手紙を書くと言い出したのである。それで娘の心が癒されるならと母親はペンをとり、メレディスちゃんの言葉をつづった。

 
a0028694_9205259.gif神様への手紙

「親愛なる神様

神様お願いです。私たちの家族・アビーのお世話をお願いできませんか? アビーは昨日亡くなりました。アビーは天国では病気がよくなっていますように。苦しみがもうありませんように。

神様、もうアビーはいません。でも私たちにアビーと一緒の時間をくれてありがとうございます。手紙と一緒にアビーの写真を同封します。こうすれば、きっと神様はアビーのことがわかるでしょう? よろしくお願いします。

メレディスより 愛をこめて(この手紙はママが代筆しました)」


 
あて先は「天国」、受取人名「神様」。天国はきっと遠いに違いない。メレディスちゃんは、切手を多めに貼って手紙を郵便局に出した。

手紙を出して2週間後、自宅に金色の小包が届いたそうだ。差出人は「神様のお使い」。メレディスちゃんも両親も全く心当たりがない。中を確認すると、『ペットが亡くなったときに(When a Pet Die)』という本とピンク色の便箋の手紙が入っていた。


a0028694_9205259.gif「神様のお使い」からの手紙には
 
「親愛なるメレディス

お手紙ありがとう。あなたのアビーは無事に天国に着きました。あなたが送ってくれた写真のおかげでアビーをすぐに見つけることができました、ありがとう!

アビーはもう病気の苦しみはありません。アビーの魂はここにいます。ここでのアビーはあなたの思い出の中と同じように、活発で健康で、走ったり遊んだりするのが大好き。私が言わなくてもわかっていると思いますが、アビーはあなたたちの家族になれて幸せでした。

ところで送ってくれた写真ですが、私はポケットがありません。あなた方にお返しします。思い出として大切にしてください。心のこもった手紙をありがとう。この手紙を書いてくれた素敵なママにも感謝します。 

神様より (この手紙は天使が口述筆記しました)」


 
メレディスちゃんの両親もとても驚いた。そして「どなたかわかりませんが、娘を慰めるためにこんなに良くしてくれるなんて!」と感激したという。両親は恐らく心優しい郵便局員が出してくれたのではないかと思ったそうだ。しかし、詮索はせず、メディアを通して「天使」にお礼を述べた。

このニュースは世界中でシェアされた。あまりにも粋な話であるため、一部では都市伝説ではないかとさえ言われている。だが犬の専門サイト「DogHeirs」によると、2012年、メレディスちゃんは10才になり、現在、家では2頭の犬を飼っているという。母親によると、彼女は動物を愛する広い心を持った女の子に成長したとのこと。そして将来は「偉大なことをしたい」と話しているそうだ。


a0293798_22334394.gifsource:rocketnews2012.11.30


a0293798_13364223.jpg
*現在10歳になったメレディス・クレアちゃん*




a0293798_15512839.gif
nana最新記事を読む
その他の心温まる記事を読む

a0293798_5563038.gif

【Tags】:#心温まる話, #感動する話, #心が温まる話 いい話, #心温まる言葉
[PR]
by nanasan1029 | 2012-11-30 00:52 | 心温まるニュース・話
【心温まる話】:動画話題の“盲目の猫”に栄冠、猫動画の米コンテストでグランプリ☆ 主人公は当時家に引き取って飼い始めたばかりの盲目の猫、オスカー。詳細は本文を☆【キーワード】:心温まる ニュース, 心温まる 動画, 心温まる 話, 盲目の猫


c0075492_235869.gif


a0293798_725216.png


a0028694_9205259.gif動画話題の“盲目の猫”に栄冠
猫動画の米コンテストでグランプリ!!


かわいらしい姿と行動で、多くの人に愛されている猫。動画サイト上には自慢のペットを撮影したものなど数多くの動画が公開され、日々世界中の猫好きたちの心を癒している。そうした中で先日、猫動画のグランプリを決めるコンテストが米国で開催。応募作品は約1,400本にも及び、一般ユーザーからの投票などで厳正に審査が行われた結果、11月15日に受賞作品が発表された。

米ニュースサイトのハフィントンポストなどによると、この企画は、米ネスレ・ピュリナ社主催の猫動画コンテスト「ザ・フリスキーズ」。日本でもCMでおなじみのキャットフードの名前を冠したイベントで、米国の一般投稿者が撮影した猫動画の中から、一番の作品を決めようという試みだ。エントリー締め切りの10月12日までに寄せられた応募作品は約1,400本。その中から「猫らしさ」「ユーモラス」など4つのカテゴリー別に3作品ずつ、計12作品が最終候補として選ばれ、一般ユーザーの投票や審査員による選考の末に、グランプリ作品が決められた。

その栄冠に輝いたのが、ネブラスカ州オマハに住むミック・シュドフスキーさんが撮影した「Oskar's First Toys」(http://www.youtube.com/watch?v=U0vIdvJIjGk)という作品。もともとは、シュドフスキーさんが2011年10月14日付でYouTubeに投稿し、405万回超の再生回数(11月22日現在)を記録している動画「Oskar the Blind Kitten and His First Toys」(http://www.youtube.com/watch?v=lNpeTCEPrRk)が元になっており、主人公は当時家に引き取って飼い始めたばかりの盲目の猫、オスカーだ。

すでに猫を1匹飼っていたシュドフスキーさん夫妻は、2匹目を飼おうと探している際に、コミュニティサイトでオスカーの引き取り手募集の告知を見つけた。そしていざオスカーを確認しようと足を運ぶと、そこで初めて、生まれながら目が見えないという事実を知ることになる。もし夫妻が引き取らなかったから、オスカーに待ち受けている運命は「キツネやコヨーテが現れる」(米ニュースサイトMSNBCより)農場か、動物保護センター行きのどちらかでほぼ間違いなかった。しかし、「どちらも受け入れられなかった」2人は、抱き寄せると安心したようにくつろぐオスカーの姿を見て、彼を飼うことに決めたそうだ。

今回の動画が撮影されたのは、そんな彼が家にやって来て間もなくの2011年7月頃。横たわっていたオスカーに鈴が入ったボールを与え、その反応を撮影したものだ。初めて触れるおもちゃに興味を持ち、全身で戯れるオスカー。やがて転がしては音がするほうへ追いかけるなど、ボールに夢中になり始めたオスカーは、とても目が見えないとは思えないほど元気に飛び回っている。その様子に多くの視聴者が心を動かされ、累計400万回を超える再生回数へと繋がったようだ。

コンテストの授賞式では、グランプリトロフィーを受け取ったシュドフスキーさんが「(たとえ盲目でも)普通の環境で彼らは生活できるんです」と話し、オスカーのような動物が1匹でも多く引き取られることを切望。ハンディを持っていたとしても、人間が愛情を持って飼育する必要性があると訴えたという。ちなみに、1歳になったオスカーは今も元気に成長しており、家の先輩猫“クラウス”にも見守られながら仲良く生活しているそうだ。

a0293798_22334394.gifsource:excite news2012.11.23







a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の心温まるニュース・話記事



【Tags】:#心温まる ニュース, #心温まる 動画, #心温まる 話, #盲目の猫
[PR]
by nanasan1029 | 2012-11-24 07:37 | 心温まるニュース・話
歌手フィオナ・アップルさん、愛犬の死を看取りたいと公演延期☆ …「愛と友情よりもキャリアを優先するような女性にはなりたくない」と。詳細は本文を☆【キーワード】:フィオナ・アップル, 愛犬 看取る, 愛犬 看取り方


c0075492_235869.gif


a0293798_359496.jpg


米歌手フィオナ・アップルさんが、ブラジルで来週から始まるはずだった南米ツアーを延期すると発表した。新しい日程は未定。理由について、死が迫っている愛犬「ジャネット」を看取りたいと説明している。

ジャネットは14歳のメスのピットブル。生後4カ月の時に出会い、アップルさんが21歳の時から飼い始めた。2年ほど前から胸部の腫瘍のため、健康状態が悪化していたという。アップルさんは交流サイトのフェイスブックで「私の大人時代をずっと一緒に過ごしてきたのがジャネットだった」と振り返る。

初めて出会った時のジャネットは、公園で首にロープを巻き付けられ、噛み傷だらけの姿だった。アップルさんと出会ってからは、「親友であり、母親であり、娘であり、保護者だった。愛とは何かを教えてくれたのもジャネットだった」。

しかし前回の全米ツアーから戻ってみると、ジャネットの容体は一層悪化し、もう散歩に出たがることもなくなっていたという。

「彼女はもうすぐ犬でないものになるでしょう。風の中に、地面に、雪の中に、そして私の中に、私が行く所すべてに存在するようになるでしょう。今は離れられません。もし私がまた行ってしまったら、彼女は死に、私は彼女を送るための歌を歌ってあげられなくなることが怖いのです」

ツアー延期を決めるのに時間はかからなかったといい、「愛と友情よりもキャリアを優先するような女性にはなりたくない」とアップルさんは結んでいる。

a0293798_22334394.gifsource:cnn2012.11.22



a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の心温まる話記事


a0028694_9205259.gifフィオナ・アップルさん(詳細)は下のMoreをクリック☆

a0293798_15481084.gif

More⇒フィオナ・アップルさん(詳細)はこちらをクリック☆
[PR]
by nanasan1029 | 2012-11-23 04:35 | 心温まるニュース・話
心温まる話:(イギリス)食事中に鶏肉を喉に詰まらせ窒息死の瀬戸際に助けに来たのは、2週間前から飼い始めた『秋田犬』だった…お話は本文をご覧下さい☆【キーワード】:秋田犬, アメリカン・アキタ, 九死に一生, 命の恩人


c0075492_235869.gif


a0293798_6285152.jpg


食事中に鶏肉を喉に詰まらせてしまい、息もできず、このまま死んでしまうかも……。生きるか死ぬかの瀬戸際、まさに希望を失いかけたときに、助けに来たのはペットの犬だった――。そんな女性の体験談が英国で話題を呼んでいる。


英紙デイリー・メールやサンなどによると、話題になっているのは英中部の街サットン・イン・アッシュフィールドで暮らす18歳の女性アイシャ・ペリーさんと、2週間前から飼い始めたばかりの4歳でメスの秋田犬(※同紙は“秋田犬”とし、犬種の特長を別項で紹介しているものの、同紙のコメント欄には“アメリカン・アキタ”との指摘が寄せられている)、シーバ。10月19日の夕方、自宅で過ごしていたペリーさんは、ルームメイトが出かけて不在だったため1人で夕食を食べていたところ、幅約4センチの鶏肉を喉に詰まらせてしまった。


しかし、助けを呼ぼうにも家の中には誰もおらず、すぐに電話で誰かを呼ぼうと床に倒れ込みながら電話を取りに行こうとするものの、意識はだんだんと遠のく一方。このとき、「本当に死んでしまう」と最悪の結末も頭をよぎったという。


そんな生死の境を彷徨っていたとき、彼女のもとへダッシュして来たのが、飼い始めてまだ2週間のシーバだった。寝床のあるキッチンで「(飼い主の)苦しんでいる声を聞いたに違いない」シーバは、颯爽と主がいるリビングルームへとやって来ると、倒れているペリーさんの背中に飛び乗り、大きな前脚でチョップするように力強く背中を「ドン!」。すると、ペリーさんの口から鶏肉がポロリと落ち、かくして、彼女は飼い始めたばかりの愛犬に命を助けられ、事なきを得た。


付き合いがまだ2週間ということもあり、それまでは愛犬との距離を感じていたというペリーさんも、今回の一件で「特別な関係になった」と喜んでいる。鶏肉を吐き出して苦しみから解放されたとき、シーバは「大丈夫か確認しようと顔を舐め始めた」そうで、そんな愛犬との絆は着実に強固になっているようだ。


ちなみに、この一件の数日前には、家のフェンスの間に脚を挟んでしまったシーバをペリーさんが助けたという経緯も。そのため、今回は「その恩返しをしてくれた」(英紙デイリー・エクスプレスより)とも語っている。


a0293798_22334394.gif(source:livedoornews2012.10.29)



a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の心温まる話・ニュース記事



【Tags】:#秋田犬, #アメリカン・アキタ, #九死に一生, #命の恩人
[PR]
by nanasan1029 | 2012-10-30 06:36 | 心温まるニュース・話
最近、海外で密かに流行っている記念写真の撮影方法とは?大昔に撮影した記念写真に写っている人と同じメンツで「今」撮影するという今昔写真だ。是非、真似してみてはいかが…【キーワード】:記念写真, 記念写真 撮り方, 写真撮影, 写真撮影 コツ


c0075492_235869.gif


a0293798_20512744.gif

最近、海外で密かに流行っている記念写真の撮影方法がある。どんな写真を撮るのかというと、大昔に撮影した記念写真に写っている人と同じメンツで「今」撮影するというものである。つまりは記念写真のビフォー・アフターだ。

たとえば今回ご紹介する「Then and Now.」と題された写真もその一例。1枚目は遠い昔の子供の頃。そして2枚目は成長してオトナになった今である。

親子や兄弟や姉妹だと、こうした写真は撮りやすい。だが、どう見ても親族ではない、友達同士が数十年後に再び集って写真を撮っているところをみると、思わずその友情にジーンとなる。友は一生の宝である。

凝りに凝った人になると、同じメンツなだけではなく、同じ場所や同じ服装で撮影していたりもする。顔や体は大きくなっても一緒にいる人は変わらない。なんて素敵なことだろうか。機会があれば、是非とも真似してみたい記念写真テクニックだ。


a0028694_9205259.gif写真は下のMoreをクリックしてね☆


a0293798_15481084.gif

More⇒写真はこちらをクリック☆
[PR]
by nanasan1029 | 2012-10-17 20:55 | 心温まるニュース・話
今、米では入院中のご主人様を追い求めて、自ら病院を探し出し会いに行ったワンコが大きな話題を呼んでいます。心温まる実話を是非読んで下さいね☆【キーワード】:忠犬, 忠犬 ハチ公, 忠犬 タマ公, ハスキー犬, ハスキー犬 ザンダー


c0075492_235869.gif


a0293798_14443544.jpg

日本で “忠犬” といえば、渋谷駅前で銅像にもなっているハチ公が有名だ。亡くなった飼い主の帰りをひたすら待ち続けた犬として語り継がれている。

そんななか、いまアメリカではハチ公に勝るとも劣らない忠犬が現れ、大きな話題を呼んでいる。その犬はなんと、入院した飼い主を捜し求めて3キロ以上離れた病院まで辿り着き、外でずっと待ち続けていたというのだ。

ハスキー犬のザンダー(オス、7才)は、可愛がってくれていた飼い主のジョンさんが体調を崩し入院すると突如ふさぎ込んでしまった。ジョンさんの妻プリシラさんによると、ザンダーはその後数日間元気がなく、目に涙を浮かべているように見えたという。

ジョンさんの入院生活が続いていたある日、ザンダーは突然家からいなくなってしまった。そして次にその姿が目撃されたのは、ジョンさんの入院先である病院の前だったそうだ。どうやら飼い主を追い求めて家からやって来たようだが、その距離は3キロ以上あり、夫妻がザンダーを病院のある地区へ連れて行ったことはこれまでに一度もなかったという。

犬が非常に優れた嗅覚を持っていることは確かだが、ザンダーが病院を探し出すことができた理由はそれだけではないようだ。獣医のジョン・ケイロス氏によると、「どんな犬でもこのような行動ができるわけではなく、ザンダーが飼い主と深い絆で結ばれていたことも重要な要因だと考えられます」とのこと。

5年前、ザンダーは保護施設にいたところをジョンさん夫妻に引き取られ、我が子のように愛されてきた。「私たちには子どもがいないこともあり、ザンダーを息子のように感じています」とジョンさんは語っている。

突然家からいなくなってしまったジョンさんを自ら捜し出し会いに行ったザンダー。自分を大切にしてくれた飼い主に忠義を尽くすその姿は、まさに忠犬である。

(source:rocketnews2012.10.13)



a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の心温まるニュース記事



【Tags】:#忠犬, #忠犬 ハチ公, #忠犬 タマ公, #ハスキー犬, #ハスキー犬 ザンダー
[PR]
by nanasan1029 | 2012-10-13 14:58 | 心温まるニュース・話