ほんわかする癒しの言葉・写真・動画 心温まる話・名言を載せています。  あなたの心を優しく包みます。    ほんわか村、村民募集中!!


by nanasan1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:医学・医療ニュース( 3 )

【動画アリ】…週齢の若い胎児のほうが子宮の中で頻繁にあくびをしていることが判明!! 1時間に6回も…、あくびは脳の発達に関連があるらしい…詳細は本文を☆【キーワード】:4Dエコー, 4D超音波画像, 産婦人科 エコー検査


c0075492_235869.gif




a0028694_9205259.gif週齢の若い胎児のほうが子宮の中で頻繁にあくびをしていることが判明!!
あくびは脳の発達に関連があるらしい!?


産婦人科で行われる4Dエコー(超音波)検査で、胎児があくびをする様子を見て感激した、という経験を持つ妊婦さんはたくさんいるだろう。4Dエコーとは、3D超音波画像に時間軸を加えたもので、お腹の中の赤ちゃんが動く様子を立体的に動画で見ることができる技術だ。

私たちが「あくび」だと思っている胎児の動きは本当にあくびなのか? そうだとすればなぜあくびをするのか?

「あの動きは単なる口の開け閉めだ」と主張する学者もいるが、英国ダラム大学の研究チームが15人の妊婦を対象に、胎児の様子を継続的に4Dエコーで撮影したところ(出産までに合計4回、最終撮影は36週目)、ゆっくりと大きく口を開けて、ぱくっと素早く閉じる動きが確認された。これはまさしく「あくび」の動きだ。胎児の週齢が若いほうが頻繁にあくびをしており、平均すると1時間に6回している計算になるという。男女の差はないそうだ。

あくびをする理由はまだよくわかっていないが、脳の温度調整のため、あるいは産まれてから食物を摂取するために必要なあごの力を鍛えるためではないかと考えられている。また、あごを動かすことは、その動きを司る脳の領域を発達させる助けにもなる。あくびが脳の発達を示しているのだとすれば、胎児が正常に成長しているかどうかを判断する指標にもなり得ると、ダラム大学の主任研究者Nadja Reissland博士は述べている。

a0293798_22334394.gifsource:irorio2012.11.23



a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の医学・医療ニュース記事



【Tags】:#4Dエコー, #4D超音波画像, #産婦人科 エコー検査
[PR]
by nanasan1029 | 2012-11-28 02:46 | 医学・医療ニュース
【画像+動画アリ】:脳スキャンを使い、12 年間植物状態だった男性との対話に成功!!脳スキャンを通し、「痛みを感じていない」など男性の考えを知ることができたのだそうだ…【キーワード】:植物状態 意識, 植物状態 対話, 脳スキャン, 植物状態と脳死


c0075492_235869.gif


a0293798_2415259.jpg


a0293798_244664.jpg


a0293798_355344.jpg


a0028694_9205259.gif脳スキャンを使い、12 年間植物状態だった男性との対話に成功

Western Ontario 大学の Adrian Owen 教授が、12 年間植物状態と診断されてきた男性と、MRI を使って対話することができたとのこと。Owen 教授が男性に幾つか質問したところ、脳スキャンを通して脳が部分的に光ったため、「痛みを感じていない」など男性の考えを知ることができたのだそうだ。

自動車事故により脳に重度の損傷を受けた Scott Routley 氏 (39 歳) は、目は見開かれたまま物理的な反応がないため植物状態と診断されてきた。これまで植物状態と診断された場合は、自分及び周囲環境を認識できていないとされてきたが、今回の実験により、Routley 氏には意識があり、自分が誰であり、何処にいるのを認識できていることが明らかとなった。

植物状態で対話不能と思われている患者でも脳をスキャンすることで対話が可能であることが分かったが、Owen 教授は、今後はそういった患者の 5 人に 1 人が日常的な対話を行えるようになることに繋がって欲しいと話している。また MRI 装置は高額であるが、最新の携帯用脳波測定器なら 75,000 ドル程で、患者のベッド脇に置いてコミュニケーションに使用することも可能性として考えられるとのこと。

ちなみに植物状態の患者と MRI を用いた対話は、2010 年に行われたケンブリッジ大での試み (Mail Online の記事) が最初らしい。

a0293798_22334394.gifsource:zaikei2012.11.19









a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の医学・医療ニュース記事


a0028694_9205259.gif植物状態と脳死の違い(詳細)は下のMoreをクリック☆

a0293798_15481084.gif

More⇒植物状態と脳死の違い(詳細)はこちらをクリック☆
[PR]
by nanasan1029 | 2012-11-21 03:22 | 医学・医療ニュース
パリ症候群(パリ病):日本人だけがパリで発病する病気がある。主に20~30代の日本人女性に多く発病。適応障害の1つで、症状はうつ病に近く、被害妄想、幻覚や自殺に至るという…【キーワード】:パリ症候群, パリ病, 適応障害, うつ病, 被害妄想, 幻覚


c0075492_235869.gif

a0293798_7575621.jpg

マンガ、アニメ、劇場版にもなった『ひぐらしのなく頃』にという作品をご存知でしょうか? 主人公がある特定の土地に行き、風土病にかかると言う話ですが、それと同じような風土病がフランスのパリにもあるんです。その名もパリ症候群。さらに厄介なのは日本人しか発病しないというところ。

主にパリ症候群(またはパリ病)になってしまうのは20~30代の日本人女性に多く、滞在する人、留学生や、観光客でも同様に発病したケースがあります。適応障害の一つで、症状はうつ病に近く、被害妄想、幻覚や自殺に至るまで。


a0028694_9205259.gifパリ病の原因としてあげられるのは次の通り

a0293798_22334394.gif言語の壁
きちんとしたフランス語がしゃべれず、相手にちゃんと伝わらずに微妙なニュアンスの違いが生じ、そのズレがストレスの原因とされてる。

a0293798_22334394.gif文化の違い
フランスでは自分の意見を直接的に伝える話し方をするので、遠回しに物事をいう日本人は馴染みにくいでしょう。

a0293798_22334394.gifカルチャーショック
メディアなどによって美化されすぎたイメージを持ったまま「花の都」におとずれたが、汚れた街並み、治安の悪さ、サービスの悪さや現地の人の不親切さに理想と現実のギャップにショックを受けたりします。

a0293798_22334394.gif疲労
移動や時差ぼけによって積み重なる疲れや、一分一秒も観光を無駄にしないハードスケジュールが精神的にも疲れる要因の一つです。

このように精神のバランスを崩してしまい発病してしまうのです。2011年には把握してるだけでも20人の発病者が確認されていて、内6件は早急に帰国したとか。


a0028694_9205259.gifパリに行く際に気をつけてほしい点は

小説や映画に出てくるようなところではない。メディアなどで紹介されてるパリはあくまでも「表」の顔なのでそっくりそのままの街ではありません。外国人が日本に来て侍と忍者がいなくてショックを受けるるようなものです。

基本自力で。パリの人たちは親切な人が少ないので、道に迷ったりして、地図を片手にウロウロしても相手から声をかけてもらうのは少ない。どうしてもわからないときは、臆せず自分から声をかけてみましょう。

スリに注意!!特に地下鉄やバスには東ヨーロッパから来た不法滞在者が組織ぐるみで日本人観光客を狙っていたりしています。なぜなら現金を多く持ち歩いてる可能性が高いからです。パリに観光する際には以上の点を踏まえた上でしていただきたいです。

(source:livedornews2012.10.28)


a0293798_15512839.gif
nana※最新記事※
その他の医療ニュース記事



a0028694_9205259.gifパリ症候群についての詳細は下のMoreをクリック☆

a0293798_15481084.gif

More⇒パリ症候群はこちらをクリック☆
[PR]
by nanasan1029 | 2012-10-29 07:22 | 医学・医療ニュース