ほんわかする癒しの言葉・写真・動画 心温まる話・名言を載せています。  あなたの心を優しく包みます。    ほんわか村、村民募集中!!


by nanasan1029
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【動物の胎内写真】:「ウマ」の受精から出産まで☆ 

動物の胎内写真:「ウマ」の受精から出産まで~受精から10日⇒20日⇒30日⇒65日⇒180日までの胎内写真と動画を紹介します☆【キーワード】:胎内写真, 胎内画像, 動物 胎内写真, ウマ 胎内写真, ウマ 繁殖


c0075492_235869.gif


a0293798_153628.jpg
(source)


a0028694_9205259.gif馬の繁殖

馬は季節繁殖する動物で、妊娠していない成雌馬は日が長くなる春先に発情する。発情は2~3日続き、この間に雄を受け入れる。交配して受胎しなければ約21日後に発情が回帰する。

発情時以外には雌は雄を受け入れないので、発情の確認には試情馬(当て馬)を使うことが多い。丈夫な柵を介して雄馬と雌馬を接触させ、雄の臭い嗅ぎ行動や顎のせ行動を拒絶しなければ発情が十分と見なし、種馬と交配させる。

馬の妊娠期間は333日とされ、分娩後平均で9日目に発情が回帰する。母馬が発情するとその哺乳子馬は下痢をすることが多い。

半野生馬では雄は繁殖シーズンには2~10数頭の雌馬を囲い込み、ハーレムを形成する。雄はハーレムを他の雄から守るが、都井岬(宮崎県日南海岸)の半野生馬における研究で、ハーレムの雌馬のうち、少なくとも1頭は他の雄馬の子を妊娠することが示されている。

a0293798_22334394.gifsource:hidaka






a0293798_15512839.gif
nana最新記事を読む
その他の動物写真記事を読む


a0028694_9205259.gif馬(詳細)と動画は下のMoreをクリック☆

a0293798_15481084.gif



.
.
.
a0293798_19444489.jpg

a0028694_9205259.gif馬の生物学

馬は草原で進化してきた動物であり、その行動特性は以下のことに深く関係している。

■草食動物であること
■捕食者に対して走って逃げるという戦略を採用してきたこと
●群居生活を選んだこと など
■草食動物である馬は草類を消化するのに後腸発酵を行うため、食草時間が長い。牛など反芻動物は食いだめができるが、後腸発酵を行う馬は食いだめが得意ではなく、常に周囲に注意を払い、不審なものがあると逃げる準備をする。そのために聴覚や視覚刺激に敏感だ。また群れで暮らすため、仲間同士のコミュニケーションは必須で、威嚇や怯え、警戒などの表情が現れやすい。馬は長い家畜化の歴史の中で人との関係が強く、容易に怯えると同時に、訓練することで環境に慣れやすい動物といえる。


a0028694_9205259.gif馬の行動

a0293798_1553217.jpg
a0293798_22334394.gif草食行動

馬は上下の切歯がよく発達し、かなり短い草も歯で噛みちぎることができる。放牧地では1日に10~20時間を採食に費やす。


a0028694_9205259.gif休息行動

馬の休息は立位、横臥位(横向きに寝転んだ姿勢)、伏臥位(うつぶせの姿勢)で行われる。子馬はかなり長い時間横臥位で休息するが、成馬が横臥もしくは伏臥する時間は短く、おおむね立位で休息する。


a0293798_22334394.gif睡眠

睡眠に関する研究はとても少ないが、行動観察では、深い睡眠はごく短い時間で、ほとんどがまどろみ程度といわれている。


a0293798_15543131.jpg
a0293798_1303823.gif
ゴロウチ(砂浴び)

a0293798_22334394.gif身繕い行動

身震い、なめる、軽く噛む、かく、こすりつけるがあるが、このほか砂場などで転げ回って背中をこする「砂浴び(ゴロウチ)」などがある。


a0293798_22334394.gif移動行動

食草時の移動は一歩が基本。一歩動いては停止し、目の前の草を何口か食べる。目的のある移動は、停止せず歩き続ける。サラブレッド種育成馬の実験では1日の移動距離は10km以上と報告されているが、終日放牧されている北海道和種馬で1カ月に1回、1年間計測した実験では、1日の移動距離は2~4kmであった。


a0293798_22334394.gif社会空間行動

牛や羊と同様に、群れの仲間に対して、それ以上互いに近づかない距離(personal distance)、群れからそれ以上離れない距離(Social distance)、人がそれ以上近づくと逃げだす距離(Flight distance)、逃げられない場所でそれ以上近づくと攻撃を始める距離(Fight distance)などがある。


a0293798_15583297.jpg
a0293798_1303823.gif
耳伏せ(威嚇)

a0293798_22334394.gif敵対行動

群れの仲間との優劣関係を確認するために、耳伏せ(威嚇)、歯見せ(威嚇)、噛む(攻撃)、逃げる(逃避)、避ける(回避)、蹴り(防御)がある。


a0293798_22334394.gif親和行動

群れの個体間の親和度を確認するための行動として、馬が互い違いに立ち、たてがみ付近を軽くかみ合う相互グルーミングがある。


a0293798_22334394.gif母子行動

生まれ落ちた子馬は、出生後すぐ立ち上がり母馬について歩く。このタイプの子育てをFollower typeという。


a0293798_22334394.gif異常行動

柵などを囓る削癖(さくへき)、削癖が悪化して空気を飲み込むグイッポ(Wind Suckling)、体を揺らす熊癖(船揺すり)などがある。


a0028694_9205259.gif馬の毛色

a0293798_15431014.jpg
a0293798_1303823.gif
鹿毛


a0293798_154481.jpg
a0293798_1303823.gif
黒鹿毛


a0293798_15462158.jpg
a0293798_1303823.gif
栗毛


a0293798_1547109.jpg
a0293798_1303823.gif
栃栗毛


a0293798_1548568.jpg
a0293798_1303823.gif
青毛


a0293798_1548599.jpg
a0293798_1303823.gif
芦毛

サラブレッド種など軽種競走馬の毛色は6種で、そのうち4種は遺伝子型A,a(アグーティ:一定部位の毛色に濃淡を付ける)とB,b(Black,被毛を黒色にする)で決まる。

●鹿毛(かげ):四肢の先端や顔面などに明るい茶色が出る:AA(Aa)BB(Bb)
●栗毛(栗毛):明るい茶色:AA(Aa)bb
●栃栗毛(とちくりげ):暗い茶色:aabb
●青(あお):真っ黒:aaBB(Bb)

の4つである。また、鹿毛には茶色の入り方が少ない黒鹿毛(くろかげ)やほんの少し茶色の被毛がある青鹿毛(あおかげ)などがある。このほか、上記の毛色とは無関係な芦毛(あしげ・Gg)がある。芦毛は子馬の時には灰白色だが、成長するにつれて白さが増していく。またごく稀に白毛(Ww)も現れる。

競走馬以外ではこのほかに白く見える毛色として
●河原毛(かわらげ)
●月毛(つきげ)
●佐目毛(さめげ)
などがあり、芦毛と同様に現れる粕毛(かすげ)という毛色や、馬体に白い斑紋がでる斑毛(ぶちげ)もある。

(source:hidaka)

a0293798_22334394.gif馬wikipedia























a0293798_15512839.gif
nana最新記事を読む
その他の動物写真記事を読む
a0293798_5563038.gif

【Tags】:#胎内写真, #胎内画像, #動物 胎内写真, #ウマ 胎内写真, #ウマ 繁殖
[PR]
by nanasan1029 | 2012-11-30 00:22 | 動物写真・記事